僕は1日1食なので時間が大量にある

のです。

こんにちは、みさきです。

今日は僕の習慣の話をします。

 

11食だと13食食べている人に比べて
使える時間が確実にありますよね。物理的に。

 

僕が11食にしたのは
もう4年も前のことなので
今は特に腹が減りすぎて辛いみたいなのは完全になくなりましたが
最初やり始めた時は結構きつかったです

 

 

僕が11食になったきっかけはこの本です。

できる男は超小食

キャッチーなネイミング。

当時(4年前)この本が
本屋のメインコーナーに大量に並べられていて、
僕はなんとなく興味を持って、
それで立ち読みし始めたわけです。

 

 

どうやらビートたけしやタモリも11食らしい。。。

さらにオバマ大統領やビルゲイツ、
ジャパネット高田の高田あきら社長
星野リゾートの星野社長も11食らしく

各界の著名人で
11食という習慣を取り入れている人は
どうやら結構いるみたいだ。

僕は昔からこういうの影響受けやすい

 

 

で、11食にするとどうやら

睡眠時間が3時間でOKらしい。

おいおいまじかよ。。

3食だと8時間寝なきゃいけないのが
1食なら3時間でOK

 

 

こりゃ仕事もプライベートも
鬼充実するやんけ。
やるしか。。

と思い、実践。

食費が大幅に減るのも、
当時の僕にとっては大きなメリットでした。

 

 

早速、本を購入し
自宅ですぐに読むことに。

で、読破。早速実践。

 

結論から言うと
睡眠時間3時間は無理ゲーでした

誇大表現やんけ。

睡眠時間に関しては、気持ち減ったかな程度。

 

ただ起床時のダルさみたいのは激減しました。

食費は普通に減ります。

 

ちなみに睡眠時間が減るロジックは
13食食べてると
消化にエネルギーを大量に使うので

それを11食にすることで
消化に使うエネルギーが減り
結果的に少ない睡眠時間でも体力を回復できるという理屈。

が、3時間は無理ゲーでした

 

 

で、そこから僕も睡眠や健康に関して
色々と試してきて、
これはあくまで僕の主観であり仮説なのですが
(僕は実践をしていないので

睡眠時間3時間にしたいなら
以下を実行できればいけそう。
(個人差はあるかと。)

 

・基礎体力をつける(筋肉量を増やす)
・マットレスを上質なものに
・適度な運動をする
・就寝2時間前までに入浴をする(湯船につかる)
・就寝2時間前までに食事を済ませる
・その際、消化の良い食事を心掛ける。
・晩酌をしない
22時までに就寝する

これらをやればいける気がします。

が、なかなかこれらをすべてやるのは
ストイックかと

少なくとも僕にはできません

晩酌がやめられないし
入浴もシャワーで済ませるタイプ。

 

 

ちなみにマットレスですが、これがおすすめです。

西川のAir

これが通常版で
僕が普段使いしているのはこれ。

 

たっけーよ!!

と思うでしょうが、
僕はこれにしてから
睡眠時間が平均1.5時間減りました。

 

 

なので、
起きているときの生産性を上げるという意味では
いい投資ではないでしょうか!

何をするにしても、身体は資本だから。

 

あと僕はこれにするまで
起床時に、首や身体が痛いということが
ときどきあったのですが、
そういった悩みもなくなりました。

のでおすすめ。

 

ちなみに同じ西川系列の
エアー4Dという枕も愛用中。

Airweaveも使ったことがあるのですが
こちらが断然おすすめです。

 

で、話しを戻しまして、
僕が11食にしたことで得られたメリットを
以下にまとめると次の通り。

 

・睡眠時間が気持ち減少。
(特に起床時のダルさがなくなる)
・食費減少
・昼食後の眠気がなくなる
(昼食食べないので)
・普段の食事が鬼美味しくなる

・添加物ばかりの食事より
自然食などの健康的な食事を好むようになる。
・便通がよくなる
(毎日快便で、便の量が3食の時より多い)

・体力が増える
・免疫力がつき、病気になりにくい身体に。

こんな感じ。

僕の場合は1食が夜なので
昼時の眠気はなくなりました。

食べると眠くなりますよね。

 

夜まで何も食べないのがデフォルトになったので
3食食べているときと比べると
仕事の生産性が鬼上がりました。

1日中ぶっ通しで仕事がこなせるので。

 

あとは選択肢も減るし
昼時に何を食べようか

などの余計なことを考えなくなります。

それもあいまって仕事の生産性が鬼上がる。

 

 

普段の食事が鬼美味しくなる
というのは予想外でした。

サラダとかナッツとか日本食とか
いわゆる身体によいであろうものの美味しさが倍増しました。

 

今までは家系ラーメンや
ファストフードばかり食べていたのですが
そういったものは自然と食べたくなくなりました。

 

いや家系もファストフードも
うまいっちゃうまいんだよ。

が、身体にいいものの方が美味しくなった。

 

これはおそらくだが
11食にしたことで
それまで3食食べていた時の
身体にたまっていた悪い毒素がデトックスされて
本来身体が好むものを欲するようになったのかと。

 

 

と、いうのも
3食食べていると
腸に宿便というドス黒い便が溜まっていき
それが将来、病気の元凶となるのですが

それがなくなることで
身体が本来の正常な状態へと
リセットされるのだ。

 

 

3食食べていると
腸が休む暇がないので、どんどん宿便が溜まっていくそう。

それが11食にすることで体外に排出されると。

 

まあ今もファストフードも
ときどき食べるのですが
まあ普通に美味しいが

なんていうか
毎日食べるもんじゃないなこれは。。。
みたいな感覚になる(笑)

 

 

あと11食にすると謎に快便になります。

量も謎に多くなる。

でその便の量を見て、
3食食べていると宿便がどんどんたまっていくのか、、、

とか考えてもう本能的に
3食は食べれなくなります。

で、宿便が出ると痩せます。
代謝もよくなって、冷え性も治る。

なので、女性にもこれはおすすめ。

 

 

朝ごはんとか無理して食べてる人も多いだろうしね。

 

ちなみに朝食って
朝食売るために作られた文化なんですよ。

江戸時代なんかは
もともと12食だったわけですし。

まあこの話をすると、
非常に長くなるので今回詳しくは話をしませんが。

 

 

あと消化に使うエネルギーが減るので
体力も増えます。

何より3食食べている人は
マラソン42.195キロ走ってる人と
同じぐらいのエネルギーを食べ物の消化に使っているのだとか。

 

それが1食にすることで、
消化に使うエネルギーが少なくなるのですね。

 

 

さらに書籍には
11食にすることで

 

・痩せる(若い頃の適正体重に戻る)
・髪がふさふさになる
・肌がつやつやになる
・加齢臭がなくなる
・頭が超能力レベルにさえる

などのメリットも書いてありました。

 

頭がさえたかどうかは
僕は前後を意識してないので特にわかりませんが、笑
どうやら認知症の予防にもなるみたいです。

 

免疫力が向上し
がんも糖尿病も
あらゆる生活習慣病も
11食にすることでなる確率を激減させることが可能なのだとか。

仮になったとしても、1食にしたら
普通に治ったりする事例も多いみたいです。

で、健康寿命がのびると。

 

 

さらに花粉症も治るし
肌も綺麗になるらしい。

いや11食、万能すぎるww

 

僕が11食をとりいれた感想としましては
若干風邪は引きにくくなったかな
という印象です。
(もとからあまりひかないので実感薄いですが

が、なったときの回復が早くなった??
ような気がします。

 

 

とまあ11食のメリットについて
ここまで話してきました。

じゃあ実際どうやるのよと。どう11食にすればよいのよと。

普段3食なわけなので無理ゲーでしょうよと
思うでしょう。

 

僕は少しずつ減らしていきました。

僕の場合は、ちょうど人との接点もあまりない時期で
さらにもとから周囲の影響を受けにくいタイプだったから
わりとすんなり食事量を減らすことに成功しました。

 

極めつけはコンビニで120時間、
1ヶ月ほど働いたことです。

そこで完全に11食になりましたね。

 

120時間働いていると
物理的に食べるのが不可能な状態だし

これ食べたらもう仕事できなくなって
死ぬなという感じだったので

 

 

ですが120時間働くというのは
あまり現実的な話ではないので、

最初は13食食べている人は
2食にすることから始めるのがおすすめです。

で、そこから腹8分目にしたりと
徐々に減らしていくと。

 

 

あとは血糖値を急激に引き上げる食事は
インスリンが放出されて
お腹が空くので避けるようにしましょう。

 

そして1日だけ頑張る
という発想も大事です。

1日で胃は小さくなりますから。

 

次の日にはお腹があまり空かなくなります。

逆に食べ過ぎると、空くようになります。

 

また、食事以外の何かに熱中する
というのもいいです。

子供の頃を思い返してみるとわかると思うのですが、
ゲームに集中してるときって

ご飯とかもうどうでもいいですもんね

 

 

他にも書籍だと

 

・空腹は幸福だと唱える。
(自己洗脳する)
空腹であることを楽しむ
・お腹がすいたらナッツを食べる、味噌汁を飲む

など書いてありました。

ナッツを食べるのはいいかもですね。

 

糖質が低く
血糖値を緩やかに引き上げてくれるし
タンパク質もしっかり摂れるので、

ダイエットにも最適です。

さらに不溶性食物繊維が豊富で
これは水分を含むと膨れる性質があるので
満腹感が得られます。

なので食べ過ぎを防いでくれる。

 

 

僕もナッツは健康に万能なのでよく食べます。

素焼きのものがおすすめ。

 

ちなみに11食にすると
最初体重が激減します。

が、続けていくと
徐々に適正体重に戻っていきます。

 

太ってる人は普通に痩せますし
僕の場合は元からガリガリなので

これ死ぬんかな??
と最初思いました、
が、最終的には元に戻りました。

 

 

中年太りした方は
若い頃の体重へ戻るそう。

 

 

11食は時間が大幅に増える。
さらに健康まで手にすることができる。

ぜひ、トライしてみてください。

では、今日はこんな感じで。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は起業から1年、
25歳の頃から月収で500万円といった金額を稼いでいます。

「月収500万稼いでます」
なんて怪しいですよね。
自分とは関係のないことととらえる方もいるかもしれません。

ですが、僕はもともとは
大学を2留年し、22歳で大学1年生。

クレジットカードの乱用で、借金は100万以上。

両親に何を言っても信用されず
悩みを相談できる友人もいない。

アルバイトの面接も受からない。

そんな社会不適合者に近いダメ人間でした。

そんな僕でもビジネスの世界と出会い
少しの間だけ努力したところ
あっさり人生逆転することができました。

プライベートにもとてもいい影響をもたらしています。

僕は
夢も希望も人脈も
もう何もかもありませんでした。

けど今は、
やりたいことができ
欲しいものが買えて
仕事が超楽しくなって、
毎日充実した日々を送ることができている。

人生謳歌することができている。

学べば誰でも稼げるし
人生を豊かにできる。

自信も得られ、
人からも信用されて
人生がどんどん楽しいものに変わっていく。

僕みさきがそうなれて、
月収500万円を稼ぐ過程を下記記事で公開しています。

情報発信の理念と自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、月収500万円物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<