僕は自分で稼ぐのを辞めて、全て仕組み化することにした。

こんにちは、みさきです。

 

僕はもともとは
時間を気にする生活から逃れるために
自分でビジネスを始めました。

 

と、同時に毎日が退屈すぎて仕方がなかったので
この退屈な日常をとにかく変えたいと思ったのが
僕が自分でビジネスを始めることになった経緯です。

 

 

そんな僕が最初に始めたのは営業でした。

 

僕は営業ですぐに成果を出すことができました。
始めて3ヶ月で、月収100万円を稼ぎました。

 

半年後には、
利益率を上げてもらったこともあって
月収400万円です。

 

その後、自分で会社を立ち上げて独立したら
その1年後には月収で3000万円ほどの収入を稼ぐことに成功しました。

 

 

売り上げではなく利益です。

 

ですがそんなにも稼げた営業を
僕はある日を境に辞めることとしました。

 

辞めて、ネットビジネスを始めることにした。

 

超得意で、
超稼げる営業を僕は辞めたのです。

 

その経緯と理由について今日は話していきます。

足使って稼ぎ続けるのはしんどいよ。

結論から話しましょう。

それは、ひたすら

「労働収入」

だからです。

 

どこまでいっても労働収入なのです。
これでは一生、僕の考えているような
自由な生活を手に入れることはできませんでした。

 

自由を得るためには、

自分が働かずとも
自動で世の中に価値提供できる仕組み

を作る必要があります。

 

そのためには自分のやっているビジネスを
仕組み化、システム化する必要があるのですが
そのためには

人に頼むか
ツールに頼むか
資本に頼るか

このどれかをする必要があります。

 

 

で、営業会社の場合は

「人に頼む」

という形になるのでしょうけど
僕の場合、自分が営業で契約を決めることはできましたが
それを部下に教えるということができませんでした。

 

なので自分が働き続けました。

 

僕の会社のスタッフは

商品に対して興味のある人間を集める

いわば集客代行のような仕事をしていました。

で、僕はその集客された人に対して
ひたすらクロージング(契約を決めること)
をやるという流れでビジネスを進めていたのです。

 

 

このやり方だと

やればやるほど
稼げば稼ぐほどに

僕の忙しさが増していきました。

営業との出会い

僕は2016年の7月に営業を始めます。

大学の友人から誘われたのが動機です。
当時23歳でした。

 

その時はもうとにかくお金が稼ぎたくて
仕方なくて
稼げるという口車に乗せられる形で
僕は営業を始めました。

 

僕が始めた営業会社の報酬体系は
フルコミッションというもので
これは、完全歩合制のことです。

 

これは外資系の保険の営業などで
とられているスタイルですが

完全歩合なので、
1契約もできなければその月の収入は0となります。

 

 

ですが売り上げが伸びてくれば
ある意味収入が青天井という
そんなシステムです。

 

固定給はなく、
完全歩合なので

正社員ではなく個人事業主という形になります。

組織に属してはいましたが
個人事業主で、なのでこれはビジネスです。

 

 

販売していくものは
不動産の投資用物件や高額コンサルティング。

単価が高いので、月に1契約もすれば
普通に生活することはできるようにはなります。

 

社長は

「うちの商品が売れるようになれば今後売れないものはなくなる。」

「一生稼ぎ続けることのできる本質的なスキルが身につく。」

などと言っていました。

 

確かにお金を稼ぐことはできました。

 

稼げていない人間もたくさんいましたが
少なくとも僕は、稼ぐことができました。

 

ですが、稼げば稼ぐほどに
その忙しさは増していきました。

 

お金を稼ぐことはこういうことなんだと
当時の僕は理解しました。

 

契約が決まれば決まるごとに
お客さんのアフターフォローなどで
僕の忙しさは増していき
なので僕の時間はどんどんなくなっていきました。

 

 

僕は運よく、
営業を始めた初期の段階で

結果を残すことができました。

 

当時の僕は
もう稼がなきゃヤバいという状況だったので

それもあいまって頑張ることができたのだと思います。

僕は最初期の頃から
5人、人と会えば1人は決まる
という契約率を出していました。

 

 

この数字は業界でも稀みたいで、
周囲の人にすごいと褒められまくりました。

あたかも天才かのように
僕は扱われました。

 

 

ですが僕は自分が凄いとは
全く思っておらず、
周りの人がよほどひどい営業をやっているのだと
そう考えました(笑)

 

 

僕は特に話がうまいわけでも
友人が多いわけでも
ましてや話を聞くのが得意なわけでもなかったからです。

 

ただ、

「商品を売る」

この意識だけは
当時、誰よりももっていたかと思います。

 

クレジットカードの借金の返済などに追われていて、
現実的に稼がなきゃ死ぬという状態だったので苦笑

 

だから売り込みました。

お客に嫌われないよう、売り込んでみたりと
色々挑戦してみました。

 

お客が
もう帰ります!!
なんて時も粘りました。

 

に対して、
先輩方は
相変わらずテンプレート通りの
ただ話すだけの営業をしていました。

 

それじゃただの迷惑行為に過ぎないよ
と当時の僕は思っておりました。

 

僕はお客さんとのアポが終わったら
必ず毎回、ノートにメモを取って
できた部分とできなかった部分の反省、
分析を繰り返すようにしていました。

 

そして
実践反省を繰り返していった結果、
気づいたら営業始めて
半年がたった頃には
月収で400万ほどの収入を稼げるようになっていました。

 

 

この頃は全く時間がないかと言われると
そんなことはありませんでしたが

何も考えなくてよくて
超ストレスフリーで自由な生活か
というと
それも違いました。

 

普通のサラリーマンよりは
自由だし、
会社も結果を出してさえいれば
基本的には自由だったので

僕はブランド品を買いに行ったりなど
今までしたことのない経験をたくさんして
それなりに楽しく過ごしていました。

 

 

ですが僕が本来求める自由とは、
それはかけ離れたものでした。

 

時間的にはそれなりに自由だけど
お客のクレームには即座に対応しなきゃいけないし
遊んでいるときに急に営業の仕事が入る
なんてことも日常茶飯事です。

 

お金は稼げるが、
精神的には全く自由になれなかった。

 

僕は少し疑問を感じながらも
短期間で
これだけ大きな収入を稼げたこともあり

お金を稼ぐには営業が最強

と考えて、これ以外に方法はない
と思っておりました。

 

 

で、営業会社を自分で立ち上げるべく
僕は独立をすることにします。

 

そして2017年の5月に法人化して
正式に会社設立です。

 

もといた会社のお客さんの中から
ハントして会社のスタッフを集め

そこから自分で会社経営して
それがとんとん拍子でうまくいったので
僕は起業からわずか1年後の20185月には
月収で3000万円の収益を稼ぐことに成功しました。

 

 

この時はめちゃくちゃ忙しかったのですが
毎日が凄く充実していて、
仲間と楽しく、
僕自身も毎日営業活動に勤しんでいました。

 

 

この時はもはや普通のサラリーマンより
忙しくて、超多忙な生活は僕の中で

当たり前となっていましたが、

これだけ大きな収入も稼げたので
僕はこれ以上稼げるビジネスは
もうこの世の中にないと考え
盲目に営業を続けました。

 

 

僕はこのビジネスで
3億の資産を作る予定でした。

 

3億稼いで、
あとはそれを金融投資で運用していけば
自由な生活が手に入る。

セミリタイアGETだぜ

と意気込んでおりました

 

 

が、現実はそう甘くはなく。

僕は2019年の2月に無収入となります。

調子に乗りまくっていた僕に悲劇が訪れる

いつものように事務所へ行くと
そこには誰もいませんでした。

 

「あーれ、おかしいな、、
確かに遅い時間ではあるんだけど
いつもなら一人ぐらいいてもおかしくはないんだけどな。」

 

が、誰もいない。
荷物も少ない。

 

僕は嫌な予感がした。

 

ふと、スタッフのデスクの上に
持ち帰り忘れたであろう
iPadの画面を見て、
僕は真実を知ることになります。

 

 

iPadの画面には誰かからのLINEの通知が来ていて、
そこには見覚えのある名前がありました。

 

そして僕はその内容を見て
察しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

...

 

 

 

裏切りだ。

僕の元いた会社の上司(今は独立している)と
僕のスタッフのメンバー達が共に手を組み
僕を裏切ったのです。

 

 

僕は信じられませんでした。

 

4年付き合いがある会社の元上司と
2年一緒にやってきた
僕の会社のスタッフ達が共に手を組み
僕を裏切ったのです。

 

 

元上司は気前がいい人でした。
なので僕の会社のスタッフ達に
営業の指導などで外部から交流を持たせたりしていた。

 

これが完全なミスでした。

 

会社の元上司と
僕の会社のスタッフ達数名は
その日から全く僕と連絡がつかなくなりました。

 

 

僕は吐き気がして
身体中が異様な寒気に襲われました。

 

そして、
身体中が冷えてるにもかかわらず
冷や汗をかき、
異常に気持ち悪くもなりました。

 

こんなことあるのか。。

 

と本当に気持ちが悪くなって、
この時は怒りより
むしろ恐怖心が勝りました。

 

裏切られたことによる恐怖心です。

 

今までの人生で一番人に恐怖した瞬間でした。

あとは単純に、悲しかった。

 

 

 

 

結果、当時の僕は
精神がズタボロの状態となりました。

 

目の前で信じがたい事実が起きて
毎晩のように飲んでいたお酒も
この時ばかりは全くもって飲む気が失せました。

 

ご飯も喉を通らなくなって
結果、みるみるうちに痩せていった。

 

頬がこけて
顔色が悪くなって
友人や起業家仲間、両親など
会う人会う人に心配をされました。

 

 

その後は
来る日も来る日も
家で惰眠を貪る生活です。

ずっと現実逃避していました。

 

 

けど、ストレスで気持ちよく眠ることもできなかった。

 

それでも悲しくて
どうにも仕事する気が起きなくて
気づいたら約2か月、
全くの無収入期間が続きました。

 

以前は毎月数百万のお金を
手にしていた僕が、
突如として
収入0の状態になりました。

悔しさが僕のバネに

裏切りから2ヶ月ほどがたったある日、
僕はいつものように
ダラダラiPhoneを触っていました。

 

で、その日はたまたま
保存されている
過去の写真のデータフォルダを見ていて

そしたら過去いたスタッフ達との
思い出写真が大量に出てきて
過去の記憶が走馬灯のように僕の中で蘇りました。

 

と、同時に僕の中で
「プチっと」何かが切れたような感覚がしたのです。

 

俺、頑張ってたじゃん。

あの頃、俺輝いてたじゃん。

借金500万あったのを1年で完済して、
どん底から這い上がったじゃん。

なに俺、こんなとこでくすぶってんだ。。。

 

僕は腹の中が煮えくりがえるような
悔しさに襲われました。

 

ただ、悔しい。

 

今のこの状況。

 

仲間に裏切られ、
精神ズタボロで
お金もなくて
収入もなくなった

この惨めで
無様すぎる自分の姿。

俺、
超ダセえじゃんかよ。。

 

僕はこの時に決心したのです。

もう二度と、
人生でこのような状況を作るまいと。

 

最初に僕は、
自分の失敗の原因について

深く考えることにしました。

 

裏切られた要因まで
明確に
分析することはできませんでしたが
僕が今この状況になっているのは

・スタッフの集客力ありきのビジネスをやっていたこと
(依存度が高い)
・働き続けなければ収入が途絶えてしまう労働集約型のビジネスであること

この2つが
僕が無収入となってしまった主な原因でした。

 

 

原因がわかったので
今後はまた自分が
仮に精神ズタボロの寝たきり生活になったとして

収入が発生し続けて、
一生困ることがない
そんなビジネスを僕は探し始めました。

 

 

つまりはストック型ビジネスがそれにあたるわけです。

 

そしてネットサーフィンをしていて出会ったのが
インターネットビジネスでした。

 

ネットビジネスで情報発信をし、
仕組みを作っていけば
それは資産になるし
いずれは自分が働かずとも発生する収入源になる。

 

 

インターネットビジネスは
それまで僕がやっていた労働集約型のビジネスとは
全く異なり、

資産になって
どんどん金の成る木ができていく

そんなビジネスでした。

 

 

そして僕は2019年の3月から
インターネットビジネスを本気で始めることとなります。

 

そこからもう2か月ぐらいは
死に物狂いで学び狂いました。

 

 

悔しかったから。

もう二度と、人生でこのような状況になるのは嫌だから。

 

そして僕は今、
インターネットを活用したビジネスで
毎月安定した収入を得ることができています。

 

より高い次元の世界を目指したいし
見たいので

まだ当分仕事はし続ける予定ではありますが

以前の僕と比べると
精神の安定度合いが比じゃなくなりました。

 

メルマガでは
ネットビジネスで仕組みを作っていく方法だったり
より具体的で実践的な話もたくさんしています。

 

たまにメルマガ読者限定で
懇親会も開いたりするので
興味ある方は覗いてみてください。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕は起業から1年、
25歳の頃から月収で500万円といった金額を稼いでいます。

「月収500万稼いでます」
なんて怪しいですよね。
自分とは関係のないことととらえる方もいるかもしれません。

ですが、僕はもともとは
大学を2度留年し、22歳で大学1年生。

クレジットカードの乱用で、借金は100万以上。

両親に何を言っても信用されず
悩みを相談できる友人もいない。

アルバイトの面接も受からない。

そんな社会不適合者に近いダメ人間でした。

そんな僕でもビジネスの世界と出会い
少しの間だけ努力したところ
あっさり人生逆転することができました。

プライベートにもとてもいい影響をもたらしています。

僕は
夢も希望も人脈も
もう何もかもありませんでした。

けど今は、
やりたいことができ
欲しいものが買えて
仕事が超楽しくなって、
毎日充実した日々を送ることができている。

人生謳歌することができている。

学べば誰でも稼げるし
人生を豊かにできる。

自信も得られ、
人からも信用されて
人生がどんどん楽しいものに変わっていく。

僕みさきがそうなれて、
月収500万円を稼ぐ過程を下記記事で公開しています。

情報発信の理念と自己紹介

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【下記画像をクリックして、月収500万円物語の続きを読む】

>>詳細が気になる方はこちらをクリック<<